戦争の語り部と文京学院大学渡部ゼミナールの方とのスペシャルセッション

文京学院大学 渡部ゼミナール3年の方々より、グループわ ホームページを見て、「戦争の語り部」との、世代間交流のご要請を頂き、ZOOMによるスペシャルセッションを行いました。

テーマ

 「戦争と平和」について、大学生と高齢者がともに考えを深める
  多世代間での生涯学習の機会の提供と拡大。

ゴール

「戦争」について世代間の意見や経験を聞き、それを踏まえたなかで「平和」がどのようなものなのかを考える。
世代間で学び合うことの価値を知る。

セッション概要

日 時 : 9且3日 午前10:30~12:00
参加者 :主催(文京学院大学) 3人、参加大学生 5人、戦争の語り部(グループわ) 3人 : 計11人
セッション方法 :ZOOMによる。(戦争の語り部の3名は 神戸市シルバーカレッジ内 学習室7にて)

内 容

  • 自己紹介            氏名と好きな教科を紹介
  • 神戸空襲から疎開生活について  戦争の語り部3名より説明。(米倉さん、西坂さん 村田さん) 
  • ディスカッション        質疑、ディスカッション、あなたにとって平和とは?
  • 感想

「とにかくやってみようという。」参加者の皆様の、非常に前向きな、姿勢にふれ、日本の将来を心強く感じました。
素晴らしい時間をありがとうございました。

「お礼状」をいただきました 。ありがとうございます。

 本日はお忙しい中、お集まりいただき誠にありがとうございました。
米倉様、西坂様 村田様 及び協力してくださった皆様に重ねてお礼申し上げます。
私達自身もこのような神戸大空襲のお話を聞くことが初めてだったので、とても勉強になりました。

文京学院大学 外国語学部の皆様へ
「多世代間での生涯学習の機会の提供と拡大を目指して活動され」第10回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(https://www.kandagaigo.ac.jp/contest/)に出場、頑張ってください。
我々との、セッションが一助になることを願い、応援しております。