英語点字活動支援グループは、英語本を英語点字に点訳し、アジアの視覚障害児に提供する活動を 続けています。当グループは KSC 英語点字グループの OB で構成され、メンバーは、世界の名作を 英語で楽しみつつ、活動を通して仲間との親睦を深めています。

英語点字翻訳

活動内容

1)点訳作業
 パソコンで点字翻訳,点字印刷物に仕上げ、主として東南アジアの盲人協会、点字図書館、 盲学校に寄贈し、視覚障害の子供たちに読んでもらっています。点訳対象は英訳された日本の 著作や海外児童文学名作、伝記など。現在、送付している国は、インドネシア、フィリピン、 ミャンマー、ネパールなど13か国、22施設。2017年の寄贈実績は、88巻です。
点訳は、KSC 卒業年次単位のグループで行い、作品選定、点訳、校正、監修、印刷、装 丁、発送まで分担して進めて行きます。制作中に例会などで定期的に打合せ、進捗状況などを 調整します。さらに、現役の英語点字グループ部員も参加するグループ会が毎月開催され、点 訳に関する情報交換などを行っています。なお、印刷~発送作業は KSC カレッジ内で行い、 その他の作業は基本的に各人自宅で行います。 現役、OB 併せこれまでに完成した点訳ライブラリーは、200 タイトルを超えました。

ミャンマーに送付した点訳本       点字印刷機(KSC 内)          現役部員向けの研修会

2)現役部員の研修(2 級点字)
 英語点字には、様々なルールがあり、マスターするには研修会が役立ちます。点字の入門コー ス(1 級点字)を終えた現役部員を対象に毎年 10 月中旬~12 月中旬にかけて研修会を 9 回開催 し、スキル向上に協力しています。講師として 2 名参加。

3)KSC 学生の英語点字授業の講師
 KSC 国際交流・協力コース 1 年生のカリキュラムに英語点字授業があり、カッレッジからの要 請により講師(2 名)として協力しています。対象は 1 年生全員で、毎年 6 月頃に 4 コマの授業 (90 分/1 コマ)を担当しています。

4)その他
 海外施設へ点字本持参、 KOBE 国際交流フェアの展示 参加など。

点字の名刺作り(国際交流フェア)              ヤンゴン盲学校での点字本寄贈式     

概要

代表: 古賀優二(国18期)
設立年: H11(1999)
会員数: 11名
募集: 新会員歓迎
定例会: 月1回下旬
会費: 年会費2千円
活動場所: 主に自宅・一部KSC
活動概要: KSC現役生と共同で英語点訳した総数は、200タイトルを超えた。ミャンマー、ネパールなど13ヶ国の盲学校、点字図書館などに点訳本を寄贈(年100巻前後)しています。
年間催事:
  1)卒業年次毎の勉強会、連絡会(月1回程度)
  2)点訳本の印刷(専用プリンター)、装丁(随時)
  3)点訳本の梱包、海外発送(随時)
  4)現役生の研修支援(随時)
(2020年1月現在)