本部活動の概要

  • 理事長: 大槻 隆文(食20期) 
  • 会員 : 1252名 (2020年5月31日現在)
  • 連絡先: グループわ 本部 743-8101 group_wa@wa-net.jp
  • 基本方針:

  •  会員の皆様のボランティア活動が健康で楽しく、より潤沢に出来るよう一元化された組織基盤の構築を推進いたします。そのため、カレッジの建学精神「再び学んで他のために」の実践を目的に、会員の持つ豊かな経験・知識の活用。本部・区会・部会のコミュニケーション強化。会員高齢化に伴って、活動が支障をきたさないようKSC現役生との連帯強化等を図ります。本部の主な事業はこのページに掲げる項目のほかグループわ 本部イベント(年間40回)として関係団体と緊密な連携を図り豊かなイベントを心がけています。活動内容はこども・高齢 者と三世代を通じて、3つのコンセプト「日本伝承文化」「健康増進」「環境保全」を基軸にしています。みんなで楽しくやりましょう。

活動内容

活動名活動内容
本部のイベント、行事関連本部では、こべっこランド委託業務、自然環境体験教室、国際会議関連支援、薬草関係等の地域創生事業への参加、災害支援活動及び募金、しあわせの村事業の展開、実用講座他を行っています。また 会員の親睦行事を行っています。
須磨一の谷プラザの管理運営会議室・和室・ホールの貸室業務を、月曜日を除く毎日、<わ>のメンバーが交替で対応しています。
水の科学博物館の管理運営会水の大切さや不思議さを体験する施設。「水とくらしのゾーン」と「水と環境・生命のゾーン」などからなり、  神戸の水道のしくみの紹介のほか、乗るだけで体の水分量がわかる水分の体重計や、自分の描いた魚が水槽の  中で泳ぎだす「水中探検号」など、楽しみながら学ぶことができるように展示している環境学習施設である「水の科学博物館」の  管理運営業務を、<わ>のメンバーが交替で対応しています。 
須磨一の谷プラザの管理運営会議室・和室・ホールの貸室業務を、月曜日を除く毎日、<わ>のメンバーが交替で対応しています。
パソコン教室長田区のふたば学舎(旧ふたば小学校)にてパソコン教室を開催しています。詳細は次のチラシをご覧ください。
★「来年1月からふたばパソコン教室の開催日は毎週金曜日の週1回となります。」
  ★「パソコン何でもお好み塾」チラシ(新)★ 
  ★「パソコン何でもお好み塾」申込書 ★
   受講希望者は申込書(Excel_2018.1.30更新)に記入し、申込み下さい。
    【マンツーマンの個人指導で、初心者でも安心です!】
学習支援活動将来を担う子どもたちの健全育成に寄与するために、国語や算数などの学習指導補助や特別支援を行うと共に、各種伝承文化・戦争体験と平和学習、環境体験学習などを、要請があった小学校において、<わ>のメンバーが支援を行っています。
戦争の語り部平成17年から、神戸市内の小中学校を対象に、太平洋戦争体験者6人のメンバーで、戦争の悲惨さを伝え、平和の尊さを訴えています。
花実の森の整備神戸市シルバーカレッジの里山「花実の森」にて里山の整備を行うと共に、市内の小学校3年生を対象にした自然環境体験学習の
支援を行っています。
  詳細はここ『カブトムシ生育観察』をクリックまたは ここ『里山ネイチャーゲーム』をクリックしてご覧ください。
   受講申込書はここをクリックして印刷してください。
フレイルサポーターとしてフレイルチェック会開催支援フレイルとは、「虚弱」を意味します。フレイルは早期に適切な介入をすれば、機能回復することから、フレイル状態にある高齢者が自分の状況に気づくことができるような取り組みが必要です。神戸市は65歳以上の市民を対象にフレイルチェック会を行っています。サポーター自身も地域の健康づくりの担い手として活躍する場でもあり、活動を通して社会参加することで、自らの健康寿命を伸ばすことにもつなげています。
プログラミング支援小学生向けに「プログラム体験講座」を実施していま す。2019年4月から7月まで月2回勉強会を行い8月に6 回、11月に1回体験講座を実施しました。これから 「放課後児童クラブ(学童保育)」の活動メニューに 「ブログラム体験講座」を含めて、活動場所と実施回 数を広げる計画です。そのため「プログラム体験講座」 の講師を養成します。月1~2回の勉強会を開催します。 対象言語はScratchです。
こどもの電話相談業務こどもの電話相談業務を、365日夜間、土日祝の昼間に、<わ>のメンバーが交替で対応しています。
 (2020年5月末日をもって終了しました)  
業務終了についての詳細はここをクリックしてください。